ニュース

65歳以上でも働ける社会にすべきか?


熟年結婚生活として、65歳以上でも働ける社会にすべきかどうか、考察してみます。

◉【今何位?!ランキング参加中】
応援して下さる方は、上の3つのバナーバナーのクリックを、毎日宜しくお願い致します。 パソコンとスマホからも、この3箇所を毎日クリックして下さい。
クリックして現れるランキング一覧の中から、再度「日刊○○新聞」を押しててください。

結論

今日、定年退職すると、一気に社会との接点がなくなり、喪失感を感じるシニアの方々が増え、問題となっています。
生きがいをもって生きることができる社会であることは必要でしょう。
ただし、それが「働く」という行為とは、限りません。
やはり、65歳を過ぎると、体力的にさまざまな障害が出てくるわけです。

土日のみの休日対応部隊として、ベテラン嘱託社員を活用している企業もありますが、救急車が会社に来ることもしばしば。

シニアは働くべきではありません。
働くのではなく、好きなことをすべきです。
それは、シニアに限ったことではありません。
人が働かなくても良い、最先端の国を、日本は目指すべきです。
ベーシック・インカムは、そのきっかけとなるでしょう。

熟年結婚ブログランキング

おすすめ記事

60歳代の男性に性欲はあるのか? 熟年女性は自分から男性にアプローチすべきなのか? 65歳以上でも働ける社会にすべきか? 60歳の婚活 熟年結婚の是非&きっかけ

日刊結婚新聞社 公式Facebookページ

PAGE TOP